もっと、ダイヤモンド ダイヤモンドの4Cを意識してみませんか 特徴を比較してダイヤモンドを見る ダイヤモンドに重要なのはズバリカットです アフリカ諸国を始めますます多様になるダイヤモンド原産地 人類と共にあったダイヤモンドの古い歴史を紐解く 色が付いているダイヤモンドって? ダイヤモンドの魅惑の秘密はどこにある?

ダイヤモンドの4Cを意識してみませんか

ダイヤモンドの違いを明確にする際に使われる基準に4Cと呼ばれるものがあります。4Cとはカラット、カラー、クラリティ、カットのことで、それぞれダイヤモンドの重さ、色、内包物の有る無し、見た目のことを指します。 重いほうが高くダイヤモンド買取業者に買い取ってもらいやすく、色に関しては透明に近いほうが良い傾向にあります。ただし希少性の高い色もあり、その場合は透明度とは関係なく高価です。内包物は少ない方が良いです。ダイヤモンドの違いを理解すると、高価なダイヤモンドを見分けやすくなります。 買取に出す際には、鑑定書などから事前にダイヤモンドの特徴を知っておくと良いでしょう。その方が買取価格、あるいは査定価格に間違いがないか把握がしやすくなります。ちなみにダイヤモンドの価値は相場によっても左右されるので、必ず同じ価格で買い取ってもらえるとは限りません。高価買取が可能かは、買取時期によって変わることもあると理解しておきましょう。